Topトップへ

自由研究応援まなぶんチャレンジ広場

こどものやる気を全力応援!
北海道新聞の親子ページ「まなぶん」

北海道新聞の購読は

[ ものづくり ] 自由研究タイトルえんぴつやけしごむも入れられる「ポケットバック」2016年冬の自由研究

完成写真1

作者名(ペンネーム)

さくら

学年

1年生(女)

つくるのにかかった時間

5時間

完成写真2

写真クリックで拡大

作品説明

外にいるときなど、ふで入れをもっていないけれど、えんぴつやけしごむをつかいたいときがあります。いままでのポケットバックだと、えんぴつがどこにあるのかわからなかったり、中がくろくよごれてしまったりしていました。だから、えんぴつやけしごむを入れるところがあるポケットバックがあったらいいなとおもいました。それで、ものづくりがとくいなおともだちにそうだんして、つくってみることにしました。えんぴつもけしごむも、ぴったり入るようにできたので、うれしいです。がっこうにももっていきたいとおもいます。

用意するもの

ぬの(90cmはば×20cm)、せっちゃくしん(ぬのとおなじ大きさ)、マジックテープ、かなぐ(2つ)、アップリケ

工夫したところ

えんぴつがたてに入るように、ポケットにしきりをつけたところ。1まいのぬのに、みずたまもようとほっぺちゃんがついていたので、ふたにほっぺちゃんが4つ出るように、ぬののつかいかたをかんがえたところ。

むずかしかったところ

かどをミシンでまるくぬうところ。ぬのがかさなっていてあついところをぬうところ。ひもをつけるとき、はみださないようにぬうところ。

その他の写真

その他の写真1
ざいりょうです。
その他の写真2
ぬのをかさねて、ぬいあわせたところです。