Topトップへ

自由研究応援まなぶんチャレンジ広場

こどものやる気を全力応援!
北海道新聞の親子ページ「まなぶん」

北海道新聞の購読は

[ 科学 ] 自由研究タイトルミニバスケットボールにおける「1.2Q勝っていたら勝てる」仮説の検証6年生

完成写真1

学年

6年生(女)

つくるのにかかった時間

7日(試合4+分析3

写真クリックで拡大

作品説明

私は岩見沢ミニバス少年団員です。試合の勝敗について疑問に思ったので、夏の自由研究で勝ちパターンを調査したところ「1・2Q」で勝っていると試合に勝てるのが75%でした。 今回、全道大会に出場し3位になりました。最後の試合では「1・2Q」で負けており、そのまま試合に負けてしまいました。 そこでこの仮説が正しいかどうか検証し、試合に勝つためには「1・2Q」で勝つことが有効であることがわかりました。

用意するもの

第43回北海道ミニバスケットボール大会(女子)の試合結果(私自身の試合以外も含む) 模造紙、パソコン、プリンタ、筆記用具

工夫したところ

夏休みの自由研究の結果が正しいかどうかを、仮説を立てて全道大会で検証を行いました。 調べた調査データを表計算ソフトでまとめました。 優勝するために、特に「1.2Q」で勝つように頑張りました。

むずかしかったところ

調べた調査データを、表計算ソフトで表とグラフにしたことです。 模造紙にまとめる時に分かりやすく見せるために、お父さんが持っている資料を参考にしました。 優勝できなかったのも難しかったです。

その他の写真

その他の写真1
「その他の写真」は、夏休みの自由研究で調査したものです。 今回の自由研究の調査は、夏の自由研究の継続した調査研究です。