Topトップへ

まなぶんチャレンジ広場

こどものやる気を全力応援!
北海道新聞の親子ページ「まなぶん」

北海道新聞の購読は

[ ものづくり ] 自由研究タイトル光の箱2016年夏の自由研究

完成写真1

作者名(ペンネーム)

ももなつみかん

学年

5年生(女)

つくるのにかかった時間

2時間

完成写真2

写真クリックで拡大

作品説明

光に照らすと箱の中の模様がきらきらと映し出され、光の当て方で模様が変化します。太陽に照らすと一番きれいに見えます。

用意するもの

牛乳パック・油性マジック・セロファン・トレーシングペーパー・ミラーフィルム・のり・はさみ・セロテープ

工夫したところ

透明なセロファンにいろんな色をきれいに見えるように塗ったり、模様が見える窓を家の窓のように2個作りました。

むずかしかったところ

牛乳パックに窓を2個作ったところが、難しくて力の入れ加減が大変だった。

その他の写真

その他の写真1
デザインを決めて、窓になるところと光に当てるところの2ヶ所を切り抜きます。やってみると牛乳パックはとても切りにくかったです。そして、切った窓になるところにトレーシングペーパーを貼ります。
その他の写真2
牛乳パックの中に入れるミラーフィルムをいろんな大きさの筒にして、たくさん作ります。作ったら、牛乳パックにギュウギュウつめにします。
その他の写真3
透明なセロファンに好きな色をぬっていきます。塗り終わったら、ふたをするようにセロテープで止めて完成です。